生けるものすべて
おののきて黙(もだ)せ
世の思いすてて ひたすらに仰げ
かみの御子(みこ)は くだりたもう
このきよき日にぞ


きみの君なれど
マリヤより生まれ
うまぶねの中に 産声をあげて
おのが身をば あたえたもう
つみびとのために


とこしえの光 暗き世にてりて
み使いは御子を
かしこみて崇(あが)む
いざわれらも ほめうたわん
いとたかき君を

Leave a Reply

Your email address will not be published.