みつばさにて安ら

 


みつばさにて安らぎぬ
あめかぜ吹き荒れても
神はわれを守りたもう
主のみもとで安らぐ


控える
みつばさ うれしく
とわなる主の愛
みつばさにいだかれ
わがたま安らか


みつばさ わがさけどころ
そこに安らぎ求む
世にはなぐさめはなくて
みそばにて 安きうく


みつばさ喜びに満つ
つかれし世のたびじで
主はわれをば守りたもう
とわの安らぎをうく

Leave a Reply

Your email address will not be published.